先日、病院が、新生児の手術を拒否する親がいることを児童相談所(以下、「児相」)に通報、児相が家庭裁判所(以下、「家裁」)に親権停止の保全処分を申し立て、家裁のスピード判断によって無事手術が行われ、その後、患児は両親の元で順調に育っていると新聞などに報じられました。

記事全文を読む