9月27日、五行歌歌人の伊藤赤人氏が永眠されました。氏は1944年、16歳のときに病の宣告を受け、国立療養所全生園に入所されました。こうしてハンセン氏病患者として一生のほとんどをここに生きた氏の思いは、五行で表すことのみが規律である五行歌という自由詩を表現方法に選んだところにも表れているように、自由への渇望、望郷の思いでありました。

ログインして全文を読む