ある医学部同窓会の地方会に呼ばれて、医療リスクマネジメントの講演をしてきました。いつものように、「このところの医療情勢の中、ベストエフォート(最大の努力)で医療安全配慮することも非常に難しくなっています」という話に、大御所のドクターから若手のドクター(若手と言っても最も若いドクターで50歳前後)まで、「あな怖ろしい。くわばら、くわばら」というところで無事講演は終わりました。

ログインして全文を読む