医療系ジャーナルだけでなく、先日は一般の週刊誌にも取り上げられました。医療界の「カルロスゴーン」と呼ばれる武弘道・川崎市病院事業管理者のお話です。氏の語り口は、歯に衣着せず鮮やかです。氏いわく、病院は企業である。やり方によってどんどん発展もすれば凋落もしていく。

ログインして全文を読む