前回のブログで、国立大学独立行政法人化について書いたところ、身近に「国立大学の場合は、国立大学法人化ではないのか」という声を耳にして、それを酒の肴に一杯飲んでしまいました。何はともあれ、文部科学省の直轄する国立大学を法人化する話ですから、一般論としては別に国立大学の独立行政法人化でも、国立大学法人化でも言葉の問題にすぎません。ところが、これを故事来歴にこだわって語ると、ちゃんとウンチク話になるだけの歴史性があります。今回は、なぜ国立大学の独立行政法人化が、国立大学法人化となったかについてお話ししたいと思います。

ログインして全文を読む