K先生というよりは、Kさんという方がなじみのいい研修医です。というのも、医学生のころから、いろいろと「医療の未来は?」とか「ぼくらはどんな医療者になっていくのか?」などと学生や市民を集めて、面白い企画を打ってきたK研修医、お医者さんになったからといって「先生」と呼ぶより、「Kさん」と呼んだ方が、ぴったりくるのです。

ログインして全文を読む