前回は米国のお話でしたが、今回はわが国のお話です。既にお話した通り、わが国でも研修医の過労死事件で研修医の「労働者性」が裁判所に認められましたが、厚生労働省も必修化した医師初期研修についてのガイドラインの中で、米国の労働時間の制限やわが国の労働法制の説明を掲げ、過労や事故を防止すべく強くアピールをしています。

ログインして全文を読む