「本当にこのままVCUでフェローをしてていいのか」。素晴らしい研究の指導教授に出会いグラント提出までこぎつけたものの、ここに至って僕の中で根本的な疑問が生じてきた。

Is it time to move on?の画像

ログインして全文を読む