在宅医療では、1人の患者に対して数多くの人間がかかわります。クリニック所属の主治医や看護師のほか、地域の訪問看護師、ケアマネジャー、薬剤師、リハビリ療法士、訪問歯科医師、ヘルパー、病院担当医などです。そういった、複数の職種・事業所の人間と連携を取りつつ医療活動を進めていくことは、患者の安全・安心を確保する上で不可欠な要素です。

地域連携における情報共有をiPhoneでの画像

ログインして全文を読む