私の勤めるクリニックの院長には、今年大学受験だった娘さんがいるのですが、残念ながら志望校(全て医学部)に不合格だったそうです。娘さんは一浪目の受験でした。私たちの世代は、そろそろ子どもが受験を迎えるという人が多く、受験にまつわる噂話をよく耳にします。「〇〇先生の娘さんは、現役で〇〇大学の医学部に主席で合格した」「△△先生の息子さんは東大に合格した」と聞くと、へぇ〜と感心します。私は子どもがおりませんので、最近の受験事情には疎いのですが、こういう話題のときに最後にみんなが言うのは「私たちの時代と違って、最近は医学部に入るのは難しいんだよね」ということです。

ログインして全文を読む