私は3月いっぱいで西表西部診療所での3年間の離島勤務を終え、今は実家のある東京で暮らしている。今、西表島で撮り貯めた沢山の写真やyoutubeに掲載した赴任間もない頃の動画を観ながら、とても懐かしい気持ちでこの原稿を書き始めた。2009年8月に10人で連載を開始した「ゆいまーる日記」だが、私が島を離れた今回で最終回となる。

沖縄離島から考える、日本の僻地医療の今後の画像

ログインして全文を読む