先日、小中学校(南大東島は小学校と中学校で1つなのです)で「感謝の会」が開かれ、招待されました。これは毎年、勤労感謝の日の前後に、教育長や歯科医師、給食の調理員、三線の先生など、日ごろ小中学生がお世話になっている方々を学校に招き、一緒に給食を食べるという行事です。

「毎日、給食」のありがたさの画像

ログインして全文を読む