昨年末から八重山地方で再流行していたインフルエンザがようやく落ち着きを見せ始めた。だが、安心していたのもつかの間、今度は島でノロウィルスと思われる胃腸炎が流行している。過去にはRSウィルスや水痘の流行に悩まされたこともある。閉鎖空間である島においては、唯一の医療機関である診療所が、感染症流行時の司令塔にならざる得ない。

問題だらけの島の新型インフル対策の画像

ログインして全文を読む