9月26日から28日にかけて、多良間島の一大イベント、「八月踊り」が開催されました。八月踊りは江戸時代ころに始まった豊年祭で、旧暦の8月8日から10日までの3日間、その年の実りに対して感謝し、翌年の豊作を祈願します。今年は9月26日から28日にかけて、島内の2カ所の「御願」(ウガン)と呼ばれる斎場で、伝統芸能のさまざまな踊りが繰り広げられました。

「八月踊り」に新型インフルで大混乱の画像

ログインして全文を読む