数カ月前、私たちは新しい家に引っ越した。静かな住宅街の小じんまりとした家で、以前は、50歳代の女性が1人で住んでいたという。彼女が植えたというバラが、小さな前庭で咲いている。

 この女性は既に州外に引っ越しているのだが、時折、家のポストに彼女宛てのカタログが送られてくる。中でもひときわ目立つのが、銃弾のカタログだ。その表紙には「銃規制がカルフォルニアにやってくる! その前に買いだめを!」という売り文句がデカデカと掲げられている。

「家に銃があるか」を聞く米国の健康診断の画像

ログインして全文を読む