現在私は 内分泌科のクリニックで、4人の内分泌科専門医たちと共に、主に糖尿病の患者さんの診察にあたっている。内分泌科で働く前も、2006年にNPになって以来、内科で働きながら糖尿病マネジメントを数多くしてきた。特に、ラテン系の患者さんでは、糖尿病が非常に多い。

米国のクリニックで出会う貧困と糖尿病の画像

ログインして全文を読む