日本人のママ友が、「学校のランチの時間が短すぎる」と悩んでいた。二人の小学生の子に、愛情たっぷりのお弁当を作ってあげても、クラスの中で、そんなランチは彼らだけ。ほとんどの同級生が、毎日同じ、「ザ・アメリカン・ベントー」とでも言うべき、サンドイッチとジュースを持ってくる。友だちがポリ袋に入ったピーナッツバター&ジャム・サンドイッチをアッという間に食べ終わった後、 弁当箱を箸でつついていると、「ランチ時間はもうおしまいだ」と、先生などに急かされる、というのである。

「ポテトチップスは野菜!」極端なアメリカの食文化の画像

ログインして全文を読む