「胸が苦しいと言いながら握り拳を作っているときは心臓を疑え」、「胸が 燃えるようだと言っているときは胃炎を疑え」など、NP(Nurse Practitioner)の学校では多くの時間をかけて、患者さんの言葉から的確な診断を進めるすべを教わる。これは医学校でも同じだろうが、非常に重要なスキルの一つだ。

ログインして全文を読む