米国では、11月終わりのサンクスギビング(感謝祭)を境に、一気に全国で年末に向けたお休み気分が盛り上がる。感謝祭の翌日は「ブラックフライデー」と呼ばれる年に1回の大セールが行われる。多くの店は朝の4時や5時に開店し、皆こぞってクリスマスに向けた自分やプレゼント用の買い物に走りまわる。その後何週間にもわたって、各店はかきいれ時特有のにぎやかさと混乱に見舞われることになる。

ログインして全文を読む