今回は、前回に引き続いて学生時代の婦人科クリニックの実習の話をしたい。前回紹介したクリニックでは、内診の際の患者さんの不安感を取り除くため、内診の前には患者さんの上体を45度まで起こし、希望者には手鏡を手渡すようにしていた。手鏡を自分の足のあたりに持って使うことで、私たちのしていることが患者さん自身の目で確認できるようにするためだ。また、特に不安感の強い患者さんには、検体採取用の綿棒やブラシなどを手で触ってもらうようにもしていた。今日診察できることだけが重要なのではなく、これからも定期的に、そして問題があるたびごとに、気軽に来て相談してほしい。そのためにも、今日の内診をできるだけ快いものにする

ログインして全文を読む