米国に「モンスターペイシェント」なる言葉はない。だが、日本にいたらそう呼ばれるであろう、自分の都合で医療従事者を振り回す患者さんや、何度請求しても治療費を払わない患者さん、診察中に電話がかかってきても携帯で平気で話し続ける人、などは、米国にも立派に存在する。

ログインして全文を読む