福島県南相馬市に居を構えてから3年の月日が流れた。医療支援のつもりで来たはずだったのだが、ここでの生活を続けるうちに、私の考えは少しずつ変化していった。それは一言で言えば、外部から見ていた景色を内側から見るようになった、つまり支援者から住民へと移り変わっていった証なのかもしれない。

正しいか否かより楽しいか否かの画像

ログインして全文を読む