すでに医療現場では欠かせない代物となっている電子カルテを扱う中で、最近少し気になってきたことがある。 電子カルテの需要はますます拡大し、ますますシステム化は進み、ますます煩雑になる。そうした流れの中で私が論じたいのは、電子カルテ内で展開される“医療者同士のコミュニケーション不良”である。弱い酸で侵食されるように、徐々に医療現場の不協和音を増やしている。

ログインして全文を読む