私は、臨床実習(BSL)の医学部5年生の女子や女性研修医を対象に、これまで3〜4年にわたって「なぜ、医学部にきたのか?」「理想の女医像とは?」などといったことを、フレンドリーに尋ねてきた。そこで得た結論は、どうやら彼女たちは既に「明確な目標を掲げることを避けている」ということである。

ログインして全文を読む