「在宅復帰を進めながらベッド稼働率をいかに高めるか─―」。両方のバランスが取れた病院経営の実現が、2018年度改定後の最重要課題となっています。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、6月号の特集「在宅復帰時代のベッド運営術 課題は稼働率とのバランス」で、病院に早期退院や在宅復帰を促す2018年度診療報酬改定の内容を解説するとともに、病院側が取り得る対策と実践例を紹介しました。

早期退院促す国策に追い込まれ…赤字の危機にの画像

ログインして全文を読む