高齢者の医療ニーズが増大する2025年に向けて、2018年度診療報酬・介護報酬同時改定は医療・介護の大きな制度改革を進める実質的に最後の機会です。財源をめぐる攻防が続く中、新機軸の方向性も打ち出されています。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、11月号の特集「2018年度診療報酬・介護報酬同時改定はこうなる」で、中央社会保険医療協議会の最新の議論や識者への総力取材を基に、注目の中味を徹底予測しました。

ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味の画像

ログインして全文を読む