入院患者の在宅復帰や重症患者の受け入れなどを促す施策が打ち出される中、急性期から慢性期まで全ての病院機能で空床リスクが高まっています。介護施設や高齢者住宅でも、入所対象者の制限や競合激化などを背景に同様の事態が進行中。今後の人口減少も手伝って、こうした流れはさらに加速しそうです。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、9月号の特集「空床時代の医療・介護経営術」で、空床時代に突入しつつある背景を医療と介護の分野別にまとめるとともに、各病院・施設の現状や対策を紹介しました。

来る空床時代! あなたの病院は生き残れるか?の画像

ログインして全文を読む