厚生労働省の検討部会の議論取りまとめを受けて、介護療養病床や25対1医療療養病床の転換先となる新たな施設類型の概要が固まりました。2018年度から移行までの経過期間を設け、様々な転換支援措置を講じます。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、2月号の特集「療養病床生き残りの条件 新施設類型が地域に与える影響は?」で、療養病床再編の方向を打ち出した検討部会の報告書の中味を読み解くとともに、先を見据えて動き出している先進医療機関の取り組みから生き残るためのヒントを探りました。

病院が介護施設へ転換…でも「肩書は院長です」の画像

ログインして全文を読む