通院困難な高齢者の増加、若年層の人口減少などにより、外来医療需要は間もなくピークを迎えた後、縮小傾向に入ります。一方で診療所は増え続け、1カ所当たりの患者数は相対的に減りつつあります。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、11月号の特集「“外来氷河期”がやってくる! 10年後を見据えた 診療所生き残り策」で、迫り来る厳しい環境の下、診療所が外来患者の確保や収益安定化などで生き残れる道を探りました。

迫る「外来氷河期」…診療所と病院が患者争奪!の画像

ログインして全文を読む