保険診療においては、行った診療に該当する診療報酬点数を漏れなく請求するのが経営上大切です。しかし実際には、「点数に関する知識不足」「事務担当者への連絡ミス」「算定対象が不明確」などの要因で算定を取りこぼす医療機関は少なくありません。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、9月号の特集「診療報酬の算定漏れ『撲滅』作戦」で、診療所と病院ごとに算定漏れを防止する対策を紹介しました。

ちゃんと診たのに…診療報酬の請求漏れで大打撃の画像

ログインして全文を読む