2016年度診療報酬改定では、在宅医療の収入の根幹となる医学総合管理料が見直された影響で、大半の医療機関が減収となりました。今後は「より重症度の高い患者を、より手厚い体制で診る」ことが求められそうです。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、8月号の特集「2016年度診療報酬改定で在宅医療はこう変わった」で、在宅医療を手がける医療機関への改定の影響と、点数引き下げへの対応の動向をリポートしました。

在宅医療の収入ダウンで「診療やめる」の声の画像

ログインして全文を読む