2016年度診療報酬改定は、医療・介護提供体制の「2025年モデル」の実現に向けて病棟再編が促された一方、病院完結型から地域完結型の医療への移行がさらに推進されました。改定項目が広範囲にわたる中、患者の在宅復帰の促進や地域包括ケアシステムの構築などが評価のベースにあります。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、4月号の特集「徹底分析2016年度診療報酬改定」で、医療現場への取材を基に、改定の内容やその影響を徹底分析しました。

診療側へのペナルティーも…2016改定を全解剖の画像

ログインして全文を読む