介護療養病床の廃止や、看護配置25対1・30対1を例外的に認めてきた経過措置の期限が2017年度末に迫り、療養病床再編は大きな節目を迎えます。今年1月には厚生労働省の検討会が報告書をまとめ、移行先の新たな選択肢を示しました。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、3月号の特集「療養病床の未来予想図」で、選択肢として示された「新しい施設類型」の中味を読み解くとともに、今後の制度改正の行方を予測しました。

年内にも決定! 「病院から住宅」転換の道筋の画像

ログインして全文を読む