国は2025年に向けて急性期・慢性期病床の絞り込みを進めています。しかし、それとは逆に“川下”にいる医療機関が“川上”の方向へと病床機能を高める「下剋上」の動きが出てきました。 医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、2月号の特集「在宅復帰時代の下剋上」で、「川下から川上へ」病床機能を転換した医療機関のケースや、病棟運営の工夫のポイントを紹介しました。

まさに下剋上! “川下”病院の大逆襲の画像

ログインして全文を読む