病院経営にとって病床稼働率の維持は生命線ですが、だからといってベッドを埋めれば経営が必ずしも安定するわけではありません。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』の人気コラム「コンサルタント工藤高の病院経営最前線」。1月号の記事では、病床稼働率の低下に悩む中小病院の経営支援にMMオフィス代表の工藤高氏が奮闘しました。

問題病院が手を出す「禁断の毒りんご」の画像

ログインして全文を読む