今後、地域医療構想(ビジョン)の策定や診療報酬改定により病床再編が進むとの見通しから、医師のヘッドハンティング市場にも変化が起きています。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、10月号のリポート「ヘッドハンターが語る『医師の求人事情』」で、人材紹介会社の半蔵門パートナーズ(株)代表取締役の武元康明氏に、医師の転職市場の最新動向について解説してもらいました。ちなみに、同氏は「開業と経営」の人気コラム「医師ヘッドハンティングの舞台裏」も連載しています。

医師のヘッドハントで一番人気は「○○科」の画像

ログインして全文を読む