会社に限らず、病院や診療所でも職員同士の衝突や摩擦は多かれ少なかれ存在するでしょう。ただ、医師などの医療職と事務職がぶつかり合うと、患者へのサービスの質が低下するなど、医療機関の経営にとってマイナスになりかねません。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』9月号のコラム「Dr.ハイの『院長、ちょっと待って!』」では、医師で医療経営コンサルタントの裴 英洙(はい・えいしゅ)氏が、そんな医療職と事務職のバトルを減らす方法について紹介しています。

「ウチの医師はわがままだ!」と憤る事務職の画像

ログインして全文を読む