先日、厚生労働省が立ち上げた検討会が療養病床の具体的な改革案を年内にも出す見通しを示し、療養病床の再編はいよいよ仕上げの段階に入ってきました。今後、新たな施設類型が生まれる可能性もあり、一般病床を含めた医療・介護サービスの提供体制は抜本的に見直されるかもしれません。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、8月号の特集「どうなる療養病床 一般病床も含め進む抜本再編」で、今後の療養病床再編の方向性を予測するとともに、様々な可能性を探る病院経営者たちをリポートしました。

どうする? 病院が「介護施設」になる日の画像

ログインして全文を読む