医療業界において、人事・賃金制度の見直しはこれまで常に経営課題の一つとされてきました。しかし本来業務に追われ、手を付けることができていない医療機関は少なくありません。一方で職員の育成や定着を図り、サービスの質をより一層向上させる必要性が増しています。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は、5月号の特集「職員をヤル気にする! 医療・介護の人事・賃金戦略」で、能力に応じた賃金体系や、実績を評価した給与支給の仕組みを構築し、職員のヤル気を引き出す方法を解説しました。

医療職の賞与を「1位からビリまで」順位づけ!の画像

ログインして全文を読む