医療提供体制の再構築に向けて、国がDPCやレセプトなどの診療データを活用する動きが強まっています。今後、データに基づいた病棟再編が本格化すれば、医療機関は「やりたい医療」を担うことが許されないどころか、地域の医療ニーズに応えられないと早晩、淘汰されることにもなりかねません。現場はどう向き合えばいいのでしょうか。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は3月号の特集「『データによる制御時代』をどう乗り切る?」で、病院の取り組み事例からデータを経営改善に生かすヒントを探りました。

「やりたい医療ができない」受難の時代が来るの画像

ログインして全文を読む