地方厚生局が病院や診療所に実施する個別指導・適時調査は、「不適切」と判定されれば診療報酬の返還につながるため、医療機関の経営者や職員にとって大きな脅威になります。万一に備え、その実態や最新動向を知っておくことが必要です。医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』は2月号の特集『個別指導・適時調査にはこう備える!』で、個別指導や適時調査を受けた経験者、個別指導の立会人を務める都道府県医師会の役員の計5人に内実を語ってもらいました。

医師を激怒させた指導医療官の一言の画像

ログインして全文を読む