2014年度診療報酬改定の最大のテーマは、制度上の病棟区分と実際の病院運営を一致させ、入院医療の機能分化を図ることでした。4月以降、各病院・診療所の経営者はどんな選択を迫られたのでしょうか? 医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』の8月号は、特集「徹底検証 2014診療報酬改定のインパクト」でその詳細をリポートしました。

7対1病院がついに無床診療所に転換!の画像

ログインして全文を読む