2014年度診療報酬改定で、有料老人ホームなど高齢者住宅への訪問診療関連の点数が大きく引き下げられました。直後の4月に現場は“在宅医療が崩壊する!”と大混乱に陥りましたが、その後はどうなったのでしょうか? 医療・介護の経営誌『日経ヘルスケア』の6月号は、特集「高齢者住宅の在宅医療 点数大幅ダウンの衝撃」で改定後の医療機関・高齢者住宅の経営への影響と対策をリポートしました。

“在宅医療崩壊”の「その後」はどうなった?の画像

ログインして全文を読む