2014年度の診療報酬改定の内容を話し合う中央社会保険医療協議会(中医協)での議論も、熱を帯びてきました。改定が実施される同じ4月には、国民に痛みを伴う消費増税が実施されます。

診療報酬の「全体改定率」にたいした意味はないの画像

ログインして全文を読む