6年に1度の診療・介護報酬ダブル改定が実施された昨年は、医療経営の将来を占う上で非常に重要な年となりました。「2025年モデル」と「地域包括ケアシステム」という方向性が示され、報酬面でも、その実現に向けた見直しが行われたからです。

知られていない医療経営の「2018年問題」の画像

ログインして全文を読む