Nature誌3月8日号に「Patterns of somatic mutation in human cancer genomes」という論文が掲載されました。これは、210種類の癌細胞株や原発癌について、518種類のキナーゼ(蛋白質リン酸化酵素)をコードする遺伝子の蛋白翻訳領域の塩基配列を解析して、遺伝子変異をスクリーニングした結果をまとめたものです。

ログインして全文を読む