米国で、オランダAgendia社の乳癌予後診断キット(商品名:MammaPrint)が2月6日にに販売承認されました。70種類の遺伝子の発現を調べて、それらの遺伝子の発現パターンによって、診断から5〜10年以内の乳癌患者の遠隔転移の危険率を予測する体外診断薬です。

ログインして全文を読む