この2週間で読んだ本の中で、「インテリジェンス 武器なき戦争」(手嶋龍一、佐藤優、幻冬舎新書)と「医療崩壊」(小松秀樹著、朝日新聞社)は興味深いものでした。医師教育、大学病院のあり方に思いを馳せました。

ログインして全文を読む