わが国では、依然として「Pharmacogenomics」(薬理ゲノム学、ファーマコジェノミクス)という言葉の認知度は低いままです。ある調査では、「Genome」(ゲノム)という言葉の意味を知っている割合が20%以下であるという結果が出ているので、「Pharmacogenomics」の認知度が低いのは仕方がないと思う反面、医療の現場でこのままでいいのか、と感じています。

ログインして全文を読む