私の研究室を訪問した方から、「中村先生をはじめ、研究室の研究者や学生を研究に駆り立てるのは何なのでしょうか」と、しばしば質問を受けます。その答えを一言で言えば、「癌という病気に敗北した悔しさ」です。

ログインして全文を読む